【0】概要と意義

0-2.スワップ金利を得るには

サイトマップ【0】概要と意義サイトマップ

FX用語の解説

 これから、よく使うFX用語です。覚えてください。(*^^)v


 新しく注文を出す… 新規注文

 決済する… 決済注文(反対売買する)

 買い注文で得た持高… 買いポジション

 売り注文で得た持高… 売りポジション

 約定… 注文が確定すること

 決済日… 通貨の取引が完了する日

 ロールオーバー… 決済日の繰り延べ


スワップ金利とは

 二つの国の金利差が、スワップ金利です。

 「二つの国」とは
 通貨ペアの二国のことです。

 米ドル/円の通貨ペアの場合
 米ドルはアメリカの通貨です。円は日本の通貨です。

 この二つの国の金利差ということです。

 政策金利をみてみると(2008年9月3日現在)
 アメリカは、2.00%
 日本は、0.50%

 スワップ金利は、1.50% となります。


スワップ金利を得るために

 ポジションを決済しないで、そのままにしておくと
 毎日発生します。

 ポジションを決済しないと
 決済日が繰り延べされ(ロールオーバー)ます。すると、スワップ金利の受け払いが発生するのです。

 スワップ金利は
 「受け取る場合」と「支払う場合」があるのです。

 銀行預金のように、必ず受け取れるわけではありません。

 どの様なときに、受け払いになるのか一覧表にしました。

スワップ金利の受け払い 金利差がプラス 金利差がマイナス
買いポジション 受取 支払
売りポジション 支払 受取

 金利差がプラスとは、通貨ペアの(前の通貨の金利)−(後ろの通貨金利)がプラスになるときのことです。
 金利差がマイナスとは、これが、マイナスになるときです。

 たとえば
 米ドル/円の場合

 米ドル(前の通貨)=2.00%
 日本円(後ろの通貨)=0.50%

 2.00%−0.50%=1.50%
 で金利差はプラスです。

 この場合
 買いポジションで持っていれば、スワップ金利を受け取れます。
 売りポジションで持っていれば、支払います。

 たとえば
 米ドル/カナダドルの場合

 米ドル(前の通貨)=2.00%
 カナダドル(後ろの通貨)=3.00%

 2.00%−3.00%=−1.00%
 で、金利差はマイナスです。

 この場合
 買いポジションであれば、スワップ金利を支払います。
 売りポジションであれば、受け取ります。

 (※政策金利は2008年9月3日現在)

 しかし
 一々政策金利を調べなくとも
 FX口座のHPを見れば、毎日のスワップ金利が掲載されていますので、すぐに確認できます。


通貨ペア別スワップ金利

 スワップ金利は「外為どっとコム」を参照しました。
 為替レートは、その日のある時間のレートを参考に概算で掲載しました。

2008.9.4現在 毎日のスワップ金利
(1万通貨)
為替レート 政策金利(前) 政策金利(後)
米ドル円 50円 108円 2.00% 0.50%
ユーロ円 159円 157円 4.25% 0.50%
ユーロドル 0.82ドル 1.4516ドル 4.25% 2.00%
豪ドル円 159円 90円 7.00% 0.50%
ポンド円 236円 193円 5.00% 0.50%
NZD円 156円 74円 8.00% 0.50%
カナダ円 67円 102円 3.00% 0.50%
スイス円 35円 98円 2.75% 0.50%
ポンド米ドル 1.36ドル 1.7817ドル 5.00% 2.00%
ランド円 40円 13.77円 12.00% 0.50%

 スワップ金利は毎日変わります。


スワップ金利の計算式

 (前通貨の金利−後通貨の金利)÷100×1万×為替レート÷360

 金利とは、政策金利ではありません。市場取引金利です。
 政策金利は、市場取引金利を決める際の一つの目安にすぎません。

 なので、同じ為替レートで、同じ政策金利であっても、スワップ金利は毎日違います。


スワップ金利で年率計算

 スワップ金利で年間いくらになるか計算してみましょう。

 米ドル円のスワップ金利は50円ですから
 50円×365日=1万8250円

 米ドル円を1万通貨買いポジションで持っていれば
 年間1万8250円のスワップ金利益を得ることができるということです。


 当然、この計算は、予測値であり、正確な数値ではありません。

 スワップ金利は、毎日変動するからです。

 とはいえ、政策金利が大きく変わったり
 為替レートが20%も30%も変動したりしないかぎり、ほぼ計算通りの金額になります。


 さて
 計算を簡単にするために、100万円で、1万米ドル円を買ったとしましょう。

 年率は、1.825%の金利がつくという計算です。


まとめ

 為替差益は、ポジションを決済すると、得ることができます。

 スワップ金利は、ポジションをそのまま保持していると得ることができるのです。


 次は
 レバレッジについては「0-3.レバレッジとは」
 手数料については「0-4.手数料に騙されないために」


【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)


トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

スワップ関連ページ スワップで稼ぐ要点 スワップ派の2つの投資戦略 スワップ複利運用の通貨ペア


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.