【0】概要と意義

5.FX外国為替証拠金取引の金利変動リスク

サイトマップ【0】概要と意義サイトマップ

金利変動リスクとは

 FX(外国為替証拠金取引)における金利変動リスクとは、市場金利の変動により、スワップ金利が支払いになることです。


スワップ金利とは

 スワップ金利について、簡単におさらいしておきます。

 通貨ペアの二国間の金利差調整分が、スワップ金利になります。

 米ドル/円なら、米国と日本の市場金利の差額分が、スワップ金利です。

 市場金利は、ほぼ政策金利(各国の短期金利)に連動しています。

 ですのでスワップ金利を考える時、政策金利を参考にします。

 スワップ金利は、(通貨ペアの前の国−後の国)の金利になります。

 よって、その差がマイナスなら、支払になります(買いポジションの場合)。


二国の政策金利が影響しあう

 FX(外国為替証拠金取引)では、二国の政策金利が影響します。

 米ドル/円なら、米国と日本です。
 どちらか一国の金利のみで決まるわけではないので、日本の金利が上がってくれば、スワップ金利が支払いになる可能性がでてきます。

 ですので、外貨MMFや外国債券は、その国の金利動向だけが影響しますが
 スワップ金利の場合、二国の金利が影響するので、金利変動リスクは高いといえます。


金利変動が為替レートにも影響

 金利変動は、その国の経済状況などに大きな影響をもつので、為替レートも変動します。

 金利を下げた国の通貨は、売られ(通貨安)ます。
 金利を上げた国の通貨は、買われ(通貨高)ます。


日本の金利が上がる可能性について

 日本の金利は、0.50%ですので、これから必ず上がります。これより下がる事はなかなか想像できません。

 日銀も、隙あらば利上げしようと狙っています。

 0.50%というのが異常な低水準だからです。

 しかし、景気が良くならなければ、金利はなかなか上げることはできません。

 現在(2008年9月)、物価が上がってインフレ傾向がありますので、インフレ対策として利上げは考えられます。
 でも、まだまだ、警戒するほどの物価上昇ではありません。


 日本の金利はいずれ上がるとして、どれくらい上がるのでしょうか。

 日本も1980年〜1992年の間は、比較的普通の金利水準でした。

 次の表は、その年代の各国の金利です。

日本(%) 米国 ユーロ 英国 豪州
1980 7.25 20.000 7.50 14.000 12.50
1981 5.50 12.000 7.50 14.375 14.75
1982 5.50 8.500 5.00 10.000 10.50
1983 5.00 9.500 4.00 9.062 6.00
1984 5.00 8.750 4.50 9.500 12.01
1985 5.00 7.750 4.00 11.375 19.00
1986 3.00 6.000 3.50 10.875 14.75
1987 2.50 6.875 2.50 8.375 11.25
1988 2.50 8.750 3.50 12.875 14.55
1989 4.25 8.250 6.00 14.875 17.90
1990 6.00 7.000 6.00 13.875 12.00
1991 4.50 4.000 8.00 10.375 8.50
1992 3.25 3.000 8.25 7.000 5.75
平均 4.557 8.490 5.403 11.274 12.266

 日本より金利が低いところだけピンク色にしました。米国で、91年と92年。ユーロで、82〜85年。

 しかも日本より低いといっても、0.25〜1.00%程度です。

 ほとんど日本の金利は他国に比べ低い水準になっています。もともと日本は金利を高くしない国です。

 日本の金利が上がれば、円高になるからです。
 しかも、他国より高い水準になれば、なおさら円高は加速します。

 日本は貿易で、経済成長させてきました。それには、円安の方が有利に戦えるのです。

 ただでさえ、このころ世界各国から、いじめられ、円高にさせられていたのですから。

 日本自ら、金利を上げて円高にするとは思えません。

 そして、現在(2008年9月)も、輸出で、稼ぐ経済体質は変わりません。
 企業では円高でも利益がでるよう工夫をしているようですが、それでも円安歓迎の経済体質はそのままなのです。

 平均の金利を比較すれば、米国は日本の2倍。英国と豪州は、3倍です。
 それだけ、他国の金利は高く、日本の金利は低いのです。

 日本の経済体質を考えると、他国より高い金利水準になるとは思えません。
 (これは、私が、勝手にそう思っているだけですが…。)



 ※2008年12月現在、日本の政策金利は、0.1%


【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)


トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

金利変動リスク 金利変動リスク :金利差逆転の可能性 リスクB金利変動リスク


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.