【0】概要と意義 > 6.FX外国為替証拠金取引の信用リスク

6-1.債務不履行(デフォルト)

サイトマップ【0】概要と意義サイトマップ

債務不履行(デフォルト)とは

 借金の返済が約束通りに支払えなくなることです。


国家の債務不履行(デフォルト)

 債務不履行(デフォルト)は、個人や会社だけがなるものではありません。

 国家も債務不履行(デフォルト)になることがあります。

 国家が債務不履行(デフォルト)になるということは、発行している国債の「約束」が守られなくなります。

 金利や元本保証などはなくなるかもしれません。(どうなるかは、その時になって見ないとわからない)

 そして、債務不履行(デフォルト)を宣言するという事は、「信用」の失墜を意味します。

 信用によってお金の貸し借りは成立します。

 その信用が失われるため、その国家から、あらゆる資金が流出します。

 その国で事業しようという企業家はいなくるでしょう。
 その国の株式に投資しようという人もいなくるでしょう。

 為替相場では、その国の通貨は売られていきます。


 債務不履行(デフォルト)になったことがある国は、1998年ロシア、2002年アルゼンチン。

 ちなみに、韓国、タイ、インドネシア、ブラジルなどは、債務不履行(デフォルト)寸前までいきました。


ロシアの債務不履行(デフォルト)

 ロシアが債務不履行(デフォルト)になったときには、ルーブル安が一気にすすみました。

 1998年8月 1ルーブル=23円
    ↓
 債務不履行(デフォルト)後
    ↓
 1998年12月 1ルーブル=5円

 2000年 1ルーブル=3〜4円

 2008年12月 1ルーブル=3円


 債務不履行(デフォルト)が起こった直後に下がり始め、年末には約5円まで下がりました。

 ルーブルの価値は、円に対して、4分の1以下になりました。

 ちなみに、現在は、サブプライムショック等の影響により、3円を割るかも…という感じです。

 債務不履行(デフォルト)が起こると、このような暴落が起こりえます。


格付けは債務不履行(デフォルト)のバロメータ

 債務不履行(デフォルト)する可能性を調べる方法として、格付け会社を利用する手もあります。

 代表的な格付け会社を紹介します。

   スタンダード&プアーズ
     【HPのURL】 http://www2.standardandpoors.com/
     TOPページ>日本語>信用格付け>ソブリン

   ムーディーズ
     【HPのURL】 http://www.moodys.co.jp/pages/HomePage.aspx
     TOPページ>ソブリン
     「長期債(無担保)」の欄をチェック

 ただし、格付け会社の格付けは参考していいのですが…。

 サブプライムローン問題によるバブル崩壊の原因の一端は、この「格付け会社」のいい加減な格付けにありました。

 よって100%信頼できませんが、一つの目安として参考にするのが良いと思います。



元のページ【6.FX外国為替証拠金取引の信用リスク

デフォルト(債務不履行) 信用リスク:絶対に取ってはならないリスク

トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【0】概要と意義

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.